我慢をしたくない人におすすめの豆乳お手軽ダイエット!

美容・ダイエット

美容にもダイエットにも効果が期待できる、女性に人気の「豆乳」。美味しい豆乳は、手軽にダイエットに取り入れられるので注目を浴びていますね。

「豆乳」の大豆由来の成分が、女性に美容効果をもたらし、さらに減量効果を発揮します。安価で栄養が高く、カロリーが低い豆乳は、ダイエットにぴったりです。

ここでは、お手軽ダイエットに欠かせない豆乳の魅力について見ていきましょう。

 

豆乳の魅力

まずは、豆乳の原料・大豆の魅力について見ていきましょう。大豆には、タンパク質が多く含まれています。また、大豆イソフラボン、レシチン、サポニン、ペプチドなどが含まれています。これらの成分が、健康的にダイエットできる大きな働きをしてくれます。

タンパク質

タンパク質は体内の血中コレステロール・中性脂肪を抑制させる働きがあります。血流を促進させ、体内機能が向上、活発になります。

豆乳を飲むことで、筋肉を作るたんぱく質を多く摂取できるので、身体の筋肉量が増え、基礎代謝が上がります。代謝が上がると、脂肪が燃焼されやすくダイエットの効果が期待できます。また、中性脂肪だけではなく、内臓脂肪が燃焼され、低下するといった効果が期待できます。

大豆イソフラボン

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする栄養素として人気です。女性のホルモンバランスを正常に保つ役割を担ってくれるので、生理前の過食や女性の冷え性などの改善が期待できます。

女性が生理前に太りやすくなるのは、エストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加することが大きな原因ですが、豆乳の大豆イソフラボンの摂取によってエストロゲン優位で痩せやすい身体を作ってくれます。

エストロゲン優位によって、ホルモンバランスが正常に保たれ、女性のイライラが改善、ストレスが減少します。

レシチン

次に、レシチンは体内での乳化作用があり、この乳化作用によって細胞内まで栄養素を取り入れることが可能になります。栄養素を十分に取り入れながら、老廃物を体外へ出したり、脂肪の燃焼効果が高まるといった効果が期待できます。

サポニン

サポニンは、腸の絨毛を収縮させる効果があり、栄養吸収速度が遅くなり、腸内に食べ物が長時間とどまることによって満腹感が持続し、腹もちが良くなります。

ペプチドは、体内に溜まった脂肪が落ちやすくなる効果が期待できます。脂質代謝が上がることで、脂質から変換された脂質エネルギーが筋肉に送られ筋肉の疲労回復に大きな効果が得られます。

ビタミンB群・オリゴ糖

豆乳に含まれるビタミンB群は、エネルギー代謝を高める嬉しい働きがあります。また、大豆には、腸内環境を良くするオリゴ糖が含まれています。善玉菌のえさになるオリゴ糖によって結果、善玉菌がさらに増えて便秘が解消されます。

豆乳ダイエットの効果とは?

ダイエットを始める際に、まず頭に浮かぶのは食事制限や糖質制限ダイエットではないでしょうか。まずは減量しなきゃいけないときには、まず食事量を減らす人が多いことでしょう。

豆乳ダイエットは、手軽に豆乳を飲むだけの簡単ダイエットなのでなかなか継続してダイエットが出来ない人や、つらい食事制限をしたくない人にはおすすめのダイエットです。

 

豆乳には、先に上げた5つの成分によってダイエット効果が得られます。

  • 筋肉量を維持するタンパク質(プロテイン)
  • ホルモンバランスを維持する大豆イソフラボン
  • インスリンの効果を高めるサポニン
  • 脂質代謝をサポートするレシチン
  • エネルギー代謝を高めるビタミンB群

運動をしなくても、豆乳の摂取で筋肉量の減少を抑えることができます。さらに適度な運動を加えると、筋肉量を維持、増やしながらダイエット出来ます。

豆乳ダイエットに効果的な飲み方

豆乳ダイエットの効果的な飲み方は2点です。

  • 食事30分前に豆乳を飲むこと。
  • 生理開始1習慣前から生理日まではとくに毎日豆乳を飲むこと。

 

成分無調整の豆乳がおすすめです。低カロリーの豆乳を選び、1日に200~400mlを目安に摂取します。成分無調整豆乳のほか、成分調整豆乳、豆乳飲料なども良いでしょう。これらは、大豆由来の栄養が十分に配合されていながら、カロリーが低いのでおすすめです。

食事30分前に豆乳を飲むことによって、サポニンが食欲を抑制、食事時の摂取量を大幅に減らしてくれます。食べ過ぎやカロリーオーバーを制限できるので効果的です。

また、女性は生理前になると女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンのバランスが崩れ、イライラしやすく、普段よりも過剰にストレスを感じてしまいます。これらの不快症状によっていつもよりも食欲が過剰に増えてしまいます。生理前の暴食を防ぐためにも、生理開始の1週間前から豆乳を飲むと良いでしょう。

豆乳の大豆イソフラボンは、前述した通り女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きを得られるので、生理前の摂取によって女性ホルモンのバランスを保つことができます。

生理前の女性は体内に水分や栄養をため込もうとする働きがあり、非常にむくみやすく太りやすい体質になっています。それに加えて食欲が増進するので、非常に痩せにくい時期なのです。この時期に減少するエストロゲンが大きな原因ですが、それを補えるのが豆乳です。

飲み方は、ホット豆乳にして温めることで身体の芯から温まり、ダイエット効果がさらに得られます。冬はホット、夏はアイスで飲み分けるのも良いですね。

おすすめ・ダイエットにおける豆乳の利用方法

食事前に摂取する豆乳に、さらにきな粉や黒ゴマなどを入れて飲むとさらに美味しく、味の変化を楽しめる栄養満点のダイエット飲料となります。そのほか、抹茶を入れた抹茶豆乳や豆乳ココアなども美味しく飲むことが出来ますね。

また、豆乳にバナナジュースやバナナペーストを加えてバナナ豆乳にすることで、バナナに含まれるカリウムがむくみ解消、脂肪燃焼してくれます。

また、おやつなどに手づくりクッキーやパウンドケーキなどを作ってみても良いですね。牛乳の替わりに豆乳を加えることで、カロリーをカットでき豆乳が苦手な人でも豆乳を摂取することが出来ます。豆乳鍋や豆乳スープなどのお料理で豆乳を使うこともおすすめです。

豆乳ダイエットのメリット・デメリット

豆乳ダイエットのメリットは、やはりつらい食事制限をしなくても減量が実現することでしょう。また、大きな健康効果を得られること、高い美容効果を得られることです。食べることが大好き、我慢が伴うダイエットができない人にはおすすめです。

デメリットは、緩やかな減量ダイエットであることです。過度な食事制限がない分、体重が極端に減りません。即効性を求める人には不向きかもしれませんね。健康的に、長期的にダイエットと向き合える人に向いているダイエットとも言えるでしょう。

そして、豆乳の過剰摂取はかえってホルモンバランスを崩してしまうことがあるので注意しましょう。

まとめ・おすすめ!豆乳ダイエット

以上、健康的に痩せられる豆乳ダイエットを見てきましたがいかがでしたでしょうか。豆乳ダイエットは、大豆の魅力たっぷりのダイエット。特に女性にとっては、嬉しい効果がたくさん詰まっていますね。

つらい食事制限や行き過ぎたダイエット予防のために、健康的に痩せたい人に、豆乳を上手に取り入れたお手軽豆乳ダイエットがおすすめです。ぜひ、お試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました