遺品整理を丁寧に・初めてでも安心!「わんぱく お掃除隊」の遺品整理がおすすめ

遺品整理・PR

大切な家族が亡くなったあと、遺された私たちは故人の「遺品整理」を完了させなければいけません。

故人を偲びながら行う遺品整理。

なかには悲しみに明け暮れ、なかなか前に進めないケースがあります。

とくに、大切な人の死があまりにも突然な場合は、そんなに急には遺品整理はできません。

このように、私たちは悲しみの中なかなか遺品の整理ができず、前に進めないことがあります。

これまでの人生で遺品整理を体験する回数も少なく、その術も分からず、ある日突然遺品整理しなければならない状況になることも。

いざ、自分が遺品整理をしなければならなくなったとき、どのようにすればよいのでしょう。

遺品整理は、故人の大切にしてきたものだけではなく、生活用品や電化製品などさまざまな物を処分していかなければなりません。

形見分けしなければならない大きな責任と同時に、大きな負担感も強いられます。

故人を大切に、心を込めて行う遺品整理とはいったいどのように行えばよいのでしょうか。

ここでは、遺品整理について、その適切な時期とおすすめの方法について見ていきましょう。

遺品整理の適切な時期と心得とは

遺品整理の適切な時期として、一般的には四十九日や百日法要を終えた後などと言われています。

或いは、葬式を終えた頃、そして親族が一斉に集まる一周忌法要の頃が挙げられます。

遺品整理の際は、極力親族間のトラブルを避けるためにも、一人で行わず、親族と話し合いながら進めるのが望ましいです。

その一方、故人が一人暮らしなどで賃貸に暮らしていた場合は、契約や家賃の関係で引き払わなければならない場合もあります。

このように、急を強いられるケースであれば、速やかに対処する必要がありますね。

残された者の悲しみが癒えるまでは、非常につらい作業ですが、状況に応じて対応しなければならないのも遺族の役目でもあります。

そうでなければ、遺族の悲しみが癒えるまで遺品整理は行わず、ある程度落ち着いてからじっくりと遺品と向き合う作業をすると良いでしょう。

遺品整理をこの時期に行わなければならないといった決まりはありません。

先ほども述べたように、賃貸物件の引き渡し期日や、相続税のかかるもの、法的手続きが必要なものなどは早めに対応していきます。

よって、遺品整理をすぐに始められない状況にあっても、遺品の把握と手続き期日などの確認はしておいたほうが良いでしょう。

遺品整理の方法とは?

遺品整理を行う方法は以下の通りです。

  1. 自分たちで(親族で)行う。
  2. 遺品整理のプロに頼む。

自分たちで行う場合は、手間や労力がかかりますが、ゆっくりと遺品を整理することで故人とのお別れをしっかりとできるといったメリットがあります。

故人を偲びながら、また生前の思い出に浸りながら、遺品と向き合い、深い悲しみを癒すことができます。

ただ、遺品の仕分けや処分、あらゆる方面の手続きを自分たちだけで行うのはかなりの労力です。仕事をしながらですと、例えば毎週末遺品整理を進めに実家に通うといったこともあるでしょう。

この遺品整理が、悲しみを癒す作業になる場合と、悲しみからなかなか立ち上がれないといった逆効果もあるようですから、ただ一言で遺品整理といっても人それぞれです。

もうひとつ、遺品整理のプロに頼む方法があります。

遺品の整理や処分のほか、各種手続きまで行ってくれるので、作業もスムーズで遺族の負担が軽くなるのは事実です。

故人が遠方に住んでいた場合や、遺族自身が病気などで身体が不自由な場合などの際は、プロの存在が心強いですね。

遺品整理を初めて行う私たちと違って、知識や経験が豊富なプロが行うので安心して任せられます。

プロにお願いする場合は、信頼できる会社を選ぶこと、そして大切な遺品を大切に扱ってくれる会社を選ぶことが大切です。

遺品整理に第三者が介入することは、非常にデリケートなことです。

遺品を適切に整理、処分し、相続時のトラブルを回避するためにも、信頼できる会社を選んで依頼しましょう。

以下に、自分たちで行う遺品整理とプロに任せる遺品整理のメリット・デメリットをまとめてみました。

  メリット デメリット
自分たちで行う遺品整理 ゆっくりと遺品整理しながらお別れができる。

遺品を丁寧に仕分け・整理できる。

費用を抑え、節約になる。

遠方の場合、交通費やコストがかかる。

時間がかかる。

仕事がある場合は、進度が遅い。

プロに任せる遺品整理 知識・経験豊富で安心して任せられる。

適切に処理してもらえる。

遺族が身動き取れない場合は、心強い。

他人が介入する不安感がある。

費用がかかる。

依頼する会社によって費用が異なる。

遺品整理を行う際の注意点

遺品整理を行う際には、いくつかの注意点があります。

  1. 親族間のトラブルを避けるため、相続人が複数の場合は、遺品整理も相続人全員で行いましょう。
  2. 金品や手続きが必要なものなど、相続人全員で確認し合いながら進めましょう。
  3. 手続き期日があるものなどを把握しておき、遺品整理に手がつけられない場合でも早めに手続き書類だけでも準備しておきましょう。
  4. 処分を判断できないものは、悲しみが癒え、落ち着いてから判断しましょう。「あのときに捨てなければ良かった」を回避しましょう。
  5. プロに頼む場合は、綿密なコミュニケーションを取りながら依頼しましょう。

遠方の場合・突然死の場合の対処法とは?

故人が遠方に住んでいた場合や、突然死だった場合の遺品整理は、プロに頼むのがおすすめです。

とくに、遺族の身体が不自由な場合は、遺品整理のプロにお任せできれば心強いですね。

また、突然死の場合は、遺品整理に加え、部屋の掃除も必要になります。よく、お風呂場で倒れて亡くなっていた、部屋で転んで倒れてそのまま亡くなるなど、高齢者には不意の事故が多発しています。

この場合の遺品整理は、特殊掃除など幅広く処理しなければならず、私たち素人で行うよりも、プロに頼みながら安心して遺品整理を進めることが良いでしょう。

遺品整理は「わんぱくお掃除隊」がおすすめ

遺品整理を検討されている人におすすめなのが、

親身になって対応してくれる遺品整理のプロ「わんぱく お掃除隊」がおすすめです!

「わんぱく お掃除隊」

対応可能エリアは関東近県エリア

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 福島県
  • 山梨県
  • 長野県

となっています。

「わんぱく お掃除隊」は、遺品整理認定協会会員で知識、経験ともに豊富。遺品整理だけではなく、生前整理も行っています。

遺品整理は、兼ねてより業者と遺族の間での業務として遂行されていましたが、「遺品整理士」養成を行っている遺品整理認定協会によって、より法規制に順守した「遺品整理」が可能になりました。

遺品整理は、遺品処理ではありません。

故人が生前使用した、思いのこもった物品を「供養」という観点から、大切に取り扱ってくれます。

このように、実務だけではない「命の尊さ」を大事にしながら、遺品整理代行を引き受けているのが「わんぱく お掃除隊」です。

そして、近年増えている「終活」中の方の生前整理も、安心してお任せできます。

遺品整理、生前整理ともに、大量の物たちを整理処分、また買取も行っているので、無駄のない納得のいく整理が実現します。

  • 忙しくてなかなか遺品整理できない。
  • 遠くて遺品整理をしに行けない。
  • 大量の遺品をどうすれば良いのか分からない。
  • 故人を思い出して悲しみ深く、遺品整理できない。
  • 農機具や自動車、電化製品などどうすれば良いか判断つかない。
  • ごみ処理分別が分からないし、面倒くさい。
  • まだ健在だけれど、実家の整理をしたい。
  • 年老いた親に安心して生前整理に取り組んでもらいたい。

などに悩んでいる方におすすめのサービスです。

このような、お客様それぞれの要望に応えてくれるのが「わんぱく お掃除隊」です!

「わんぱくお掃除隊」について

「わんぱく お掃除隊」をおすすめする4つの安心理由を挙げてみましょう。

1.経験豊富・実績多数で信頼できる会社

遺品整理認定協会会員、経験豊富、実績多数でこれまでの依頼者より多くの感謝の言葉が届けられています。関東圏幅広く対応しているので依頼しやすい会社です。遺品整理だけではなく、廃棄物・買取・リサイクル品取り扱いなど、正しい知識をもって正しい対応をしてくれます。

2.鑑定歴20年・コレクター品を高価買取

故人の愛用品などコレクター品を、鑑定歴20年のプロが高価買取してくれます。現場にて直接見積もり、依頼主様と綿密なコミュニケーションで安心できます。

3.無料見積もりで安心

前もって、現場にて無料で事前見積もりをしてくれます。問い合わせ時から各種見積もりまで無料で行います。さらに追加作業発生時は、必ず依頼主様に相談し、判断を仰ぐので安心です。

4.故人の大切なものを見落とさない

スタッフ一同、ご遺族が残しておきたい「思い出の品」を大切に、見落とさないように心がけてくれます。遺品整理だけではなく、生前整理、特殊清掃、残置物処分対応可能です。故人の遺された思いを大切に遺族につないでくれる専門家です。

独自の見回りシステムで安心

「わんぱく お掃除隊」独自の見回りシステムは、依頼主様からの多くの要望で生まれたシステムです。

生前整理・遺品整理どちらにも適用されるシステムで、遠方でなかなか足を運べない場合、生前整理・遺品整理のアフターケア・維持管理をしてくれます。

・生前整理の場合

親御さんの生前整理を希望で、一人暮らしの場合は、スタッフが定期的に訪問し、親御さんと会話をした上で依頼主様に報告します。

・遺品整理の場合

遠方の実家の遺品整理の場合、遺品整理後の庭の管理や家屋の破損管理など、定期的に訪問し、写真を撮って依頼主様に報告します。

「わんぱく お掃除隊」は、生前整理・遺品整理ともに、依頼主様の気持ちに寄り添い、要望を聞いてくれます。

人生を終えた大切な人の遺品整理、またこれまでの人生を整理する生前整理。

依頼主様が頼んで良かった!と納得できる「わんぱく お掃除隊」の遺品整理サービスを心からおすすめします!

遺品整理・解体・廃車・残置物処分・特殊清掃すべて対応

「わんぱく お掃除隊」は、遺品整理にとどまらず、解体・廃車・残置物処分・廃車手続き・植木撤去・農機具撤去・特殊清掃・リフォームまで一括して対応してくれます。

一般的に、遺品整理は遺品整理業者、解体は解体業者、廃車は自動車屋と依頼先が異なりますが、「わんぱく お掃除隊」ですべてを一括して対応できるので大変便利ですね。

遺品整理時特有の処理事項に対して、正しい知識でもって正しい処理をしてくれるので安心です。

費用は、整理処分する大型家具や清掃範囲によって変動します。

家具が少ない、清掃範囲が少ない、解体物が少ないなどによって、基本料金より安くなる場合があるので、一度無料見積もりをしてみてください!

遺族の要望に応じ、納得できる遺品整理を心がけてくれるので、どんな状況でもまずは相談してみると良いですね。

まとめ・遺品整理の代行としてプロにお願いする方法

以上、遺品整理について見てきました。

高齢化社会が進み、また高齢者の一人暮らしが増え、孤独死が現代問題として浮彫になってる昨今、遺品整理の問題に直面する場面も増えることが事実です。

いざ、当事者になってみると慌ててみたり、どうして良いか分からなくなってしまいがちですが、遺品整理の際には、プロの力を借りてみてはいかがでしょうか。

ここでは、関東圏内広く対応する「わんぱく お掃除隊」をご紹介しましたが、遺品整理だけではなく、生前整理も一度検討してみるのも良いですね。

遺品と向き合いながら故人とじっくりとお別れすることは、遺された家族の大切な作業。

遺品整理のタイミングは、その悲しみが癒え始めた頃に、或いは遺品と向き合うことで深い悲しみが襲うのであれば、専門家に整理を依頼してみるのもひとつの手段です。

大切な故人の愛用品、自分のこれまで大切にしてきた愛用品を納得のいく処理をするためにも、遺品整理のプロにお願いしてみるのもおすすめ。

そんなときは、ぜひ「わんぱく お掃除隊」に気軽にメッセージにてお問合せください。

「わんぱく お掃除隊」では、お問い合わせから見積もりまで無料で対応しています。

遺品整理の費用やタイミングなども一度相談してみてください☆

「わんぱくお掃除隊」

コメント

タイトルとURLをコピーしました