おせち料理で新年を縁起良く迎える!「板前魂」のおせちについて

文化・料理

お正月を迎える準備のひとつに、「おせち料理」の準備がありますね。縁起良く、華やかに新年を迎える大事な日本伝統のおせち料理。

 

おせち料理には、食材の一つひとつに意味や願いが込められています。

 

もともと五穀豊穣の感謝の気持ちや意味、収穫物の報告などを込めて、その土地の収穫物をお供えする文化が原型だそうです。

重箱への詰め方は、地方によってしきたりや文化が異なるので変わりますが、基本的なおせち料理のルールを見ていきましょう。

神様にお供えする供え物としてのおせち

元来、神様にお供えする御節供(おせちく)といって、お祝いごとに神様にお供えする供え物から来ていて、江戸時代には節目のお正月に頂くおせち料理との変遷があります。

 

よく知られているのは、かまどの神様に休んでもらう意味と、一年のうちのお正月だけは家事から主婦を解放させてあげようといった意味も含まれていますね。

 

おせち料理が「重箱」に詰められているのは、「おめでたい」を重ねるといった意味があり、各段ごとに願いが込められた食材が詰められています。

 

おせち料理の重箱は、基本的に5段重ねです。最近では、核家族などによってシンプルに3段重ねが主流のようです。

一の重

一番上の一の重は、お祝いごとにぴったりの「祝い肴」と「口取り」と呼ばれる数の子やかまぼこなど、酒の肴になる料理が詰められています。

数の子

にしんの卵。数が多いことから子孫繁栄を願いが込められる縁起物として使われています。

紅白かまぼこ

紅白でめでたい、紅は魔除け、白は清浄の意味として使われています。

伊達巻

巻き物の形には、知識が豊富に、増えますようにとの願いが込められています。

田作り

片口いわしの稚魚の干物の飴炊き。五穀豊穣の願いが込められています。

昆布巻き

昆布は縁起が良く、「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして使われています。

錦たまご

黄身が金、白身が銀に見立てられ、この二色が錦として縁起が良いとされています。

たたきごぼう

牛蒡の根のように、深く根を張って繁栄する願いが込められています。

黒豆

まめに勤勉でかつ健康に暮らせますようにとの願いが込められています。

二の重

二の重は、主に海の幸、焼き物が詰められます。

「めでたい」ことから、お祝い事に相応しく、赤い鯛は慶事によく使われますね。おせちのお重に格と華やかさを演出してくれます。

海老

海海老は、海老のように腰が曲がるまで長生きをする願いが込められていて、長生きの象徴として使われています。

ぶり

ぶりは、大きさによって呼び名が変わる出世魚として縁起が良く、出世への願いがこめられています。

三の重

三の重は、主に山の幸が多く、家族が行く末までも仲良く結ばれるようにとの願いをこめ煮しめが詰められています。

ごぼう

深く根を張り、代々続くようにとの願いが込められています。

れんこん

れんこんの穴には、先の見通しがきくとの願いがこめられ、将来の明るい見通しがきくようにと使われます。

里芋・八つ頭

里芋は、子芋がたくさんつくため、子孫繁栄の意味を、八つ頭も同じく子孫繁栄を願い、さらには、頭となって出世をするようにと使われます。

くわい

くわいの大きな芽が「めでたい」と、またくわいも子玉がたくさんつくため子孫繁栄を願って使われます。

まとめ・縁起の良いおせち料理で新年を迎える幸せ

以上、おせち料理を見てきましたが、このほかにも「紅白なます」や「菊花かぶ」、「こはだの栗漬け」など、めでたい紅白を取り入れながら、また日もちする酢の物が詰められます。

 

地域や文化によっても、おせち料理の由来や意味が異なりますが、家族が新年に顔を揃え、おせち料理で縁起良く新年を迎えられるのは、本当に幸せですてきなことですね。

 

そこでおすすめのおせち料理が、「板前魂」のおせちです。豊富な食材を使ったおせち料理で、質も高く、大変便利です!ぜひチェックしてみてください。

 
「板前魂のおせちについて」
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました